Loading

BLOG

MUUR LASER完成

VERTICAL TECHNOLOGY

しんどかった…。

知らない人から見たら既製品と思えるくらいの出来…………だと思う、いや違いない。……と思う。

 

しかし何の因果かこれを使って走る選手がカラミッチのライバル。
どこの誰が相手でどんな因果関係があろうとも、仕事は決して手は抜けない。
VERTICAL TECHNOLOGY・・・・誰にでも対して真っ直ぐな技術を!

努力中…

◆制作費
デザイン料金     15,000円
ステッカー制作費  18,000円
塗装代金       17,000円(2色マスキング)

合計金額 50,000円

変速機の調整教室 6月21/22日

最後のメンテナンス

関連記事

  1. アルカンシェル

    2017.06.03
  2. Vintage 1955 Pecora(還暦祝) 2016.01.21

  • スプートニク No,0011 アルゼンチンタンゴ

    2013.04.23
  • スプートニク No,0003 京都美山Cycling Clubモデル

    2012.10.01
  • MANGROVEのメット

    2008.11.26
  • Derosa Nastro rosso 

    2010.02.22
  • コメント

    • トラックバックは利用できません。

    • コメント (7)

      • Kino
      • 2008年 5月 28日

      綺麗な仕上がりですね シートチューブの後部、ハンガーからバックステーに伸びた白い細いラインが良く利いていますね
      こんなのを見ると 欲しい!と思ってしまいます 自分の自転車がみすぼらしく見えてしまう・・(笑)

      • katsuri
      • 2008年 5月 28日

      んん。。。ちょっとゆがんだけど。
      だいたい、目検討でマスキングしているので、左右のバランスが、怪しい。
      今回は神が憑依したので、バッチリでしたが・・・

      • Kino
      • 2008年 5月 28日

      はは 左右同時に見ませんから(笑)
      神に神が憑依したらどうなるんだ・・・

      前回から気になっているのですが このフレームのバックエンド(爪)は
      何故この形を使っているのですか これでないとホイールが外せないのかな?

      • katsuri
      • 2008年 5月 29日

      UCIルールギリギリの設計の為、車輪が外れないのです。
      他にもサーベロとか、こんな形状ですね。

      • Cycle Shop  Works
      • 2008年 5月 29日

      ♪~( ̄ε ̄;)僕ちんも・・・

      欲し~ぃワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

      Kinoのオヤジぃ(^^)

      デザイン料
      よろしくお願いしまぁ~すぅ

      • Kino
      • 2008年 5月 29日

      本当ですね サーベロのH.Pを見るとP2やP3のT.T仕様の様な物はこんなバックになっているのですね

      Worksさん 私がデザイン料をお支払いするのですか? カツリさんも通天閣をイメージしたデザインはちょっと持て余すかも分かりませんよ

      • katsuri
      • 2008年 5月 29日

      むり!

    PAGE TOP