Loading

BLOG

La bicicletta dell’angelo IDOL

La bicicletta dell’angelo IDOL=天使の自転車

その自転車は、シルエットだけで人々を魅了する・・・・



どんなデザインでも、完成図が頭の中に出来上がる
いつでも瞬時に・・・「ぱっ」とね
で、僕はその図面に沿って、忠実に再現していくだけ
しかし出来上がったソレは、僕の想像を遥かに超えてしまったみたい


たぶん、それがDEROSAの力なのかね
こんなに手間がかかる事、もしDEROSAが僕の前に現れてなかったら、創ってないね
断言する 創ってない


Designer‘s Bike 世界でただ一台の自転車

たかだか田舎の自転車屋なんですが、心の底から、本気で思っています。
「世界で一台の自転車を創りたい」
昔はフレームが鉄で、フルオーダーが容易だったんです。アルミで作られたパーツには、メーカーがこぞって自社ブランドのロゴを彫刻して・・・・そりゃ~綺麗なもんでしたよ。皆世界で一台の自転車に乗ってたんです。で、それが嬉しかった。本当に・・・
ところがいつの間にかSとかMとか、洋服を選ぶようにフレームを選択する時代に。パーツもその素材がカーボンへ変貌。彫刻なんてとんでもないです。

今から数年前、一台のDEROSAを作る事になりました。
名作TANGOです。
グラマラスで、今までの既成概念を全て無視したデザイン。
しかし、どこかシックな仕上がり。
残念ながらその時は最後まで完成させる事はできませんでしたが、この一台がきっかけで、カツリーズの新たな挑戦が始まったのです。

Designer‘s Bike

そんなカテゴリーがあってもいいのでは?

◆La bicicletta dell’angelo IDOL◆

餃子

DEROSAに似合うステム

関連記事

  1. PROTOS SESSANTA UNO

    2015.05.14
  2. MTBペイント再生作戦

    2008.03.08
  3. La fotografia del girasole 

    2010.06.29
  4. スプートニク No,0001 初号機

    2012.09.08
  5. 見落としそうなLOOK

    2015.05.11
  6. RACING SPEED white .ver

    2009.02.14

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • baraban
    • 2009年 2月 24日

    シビレマスぅ!!
    鳥肌が立ちました!!!
    私のハンドルは どんな風になるのだろう、
    ドキドキで眠れません。
    よろしくお願いいたします。

    • y山
    • 2009年 2月 24日

    今から8年ほど前でしょうか?成田さんにフェラーリのホワイトバージョンを製作していただいたY山です。今もドイツに駐在しております。
    忙しくなかなか自転車に乗る時間が取れませんでしたが、間もなく仕事もリタイヤを向かえます。引退後は、行きたかった国々をベンツにフェラーリーを積んで放浪する予定です。
    只今、引退後の放浪プランを妻と話す事に夢中。
    やっと成田さんに創っていただいた、「世界で一台」に乗ることができます。
    もうすぐベルギーに来られるそうですね。
    その際は、是非我が愛車のメンテナンスもお願いしたいと思います。
    勿論、美味しいビールを用意しておきますよ!

    • かんたろ
    • 2009年 2月 24日

    恐るべし!!!
    あまりにも、格好良すぎ!!!
    ここまですると乗るのもためらうのでは・・・!

    • シンジ
    • 2009年 2月 28日

    お疲れ様。
    組み手の個性ってのは、すげぇんだね。
    120点満点の出来のヤツってのは、死んでも追っかけるんだろうね。
    アプローチは違うけど、オレも頑張ろ。

PAGE TOP