【令和6年能登半島地震】カツリーズサイクル塗装工場の再建(内灘町西荒屋)
クラウドファンディング終了のお礼

ご支援や応援をいただいたみなさま、本当にありがとうございました。
最新の進捗状況は、プロジェクトページ「活動報告」やソーシャルメディアにてご報告させていただきます。

今後とも何卒宜しくお願いいたします。

BLOG

Gent Wevel Gem前座参戦

ベルギーでは、春のクラシックに沸いている。
先週のフランドルに続いて、今日はGent Wevel Gem!
そして今週末はパリルーべ・・・・
今日は、Gent Wevel Gemの前座レースに参戦した。

メンバーは、監督・橋川健 選手マリウス・佐野・広瀬・山下・藤岡の5名。あと、今年からブリッツェンで活躍する中山。
 
コースはGent Wevel Gemゴール会場に設けられた特設コース1周3km×24周。
地元を中心に、12チーム程のエントリー。スタートから、えげつないスピードで展開されていく。すぐに集団が形成され、同地元チーム2名の逃げが決まり、それをマリウス・佐野・広瀬を含む13名程度の集団が追いかける形で進行。
 
最大1分程度のビハインド。それが30秒までちじまったり、広がったりを繰り返しながら、結局レース終盤。

広瀬が逃げ集団からドロップアウト。逆にマリウスが佐野のアシストを得て、集団からエスケープに成功。先頭の2名には届かなかったものの、単独3位でゴール。

ちなみに、この入賞者控え室も表彰台も、1時間後のGent Wevel Gemで実際に使われる物。選手達が移動後、こっそりと座ってみたら、プレゼン係のおじさんに笑われてしまった。日本だったら、怒られるかね?
今日は藤岡以外のメンバーが、僅かではあるが、貴重な賞金をゲット!
クラシックのゴール会場で行われるレースって凄いね。
お客の数が違うんだから。ベルギー隣国から、どんどん集団民族移動で人が集まってきちゃうんだから。身動きできないくらい。
そんな中、前座であっても走る事の出来る事って素晴らしい。
「いつかおいらもGent Wevel Gemに!」
自然とそんな気持ちになってくるんじゃないの?いいねーベルギー。
ビール美味いし。

そういえば、別府君がゴール会場にいたな?レースキャンセルしたんやろか?リタイヤかな?
寒いから風邪ひかなきゃいいけど。

関連記事

  1. フィードバック プロ仕様のメンテナンスツールキット

  2. ツールドTシャツ予約販売のお知らせ

  3. IDOL 早期入手可能モデル情報

  4. 佐川 e-コレクト及び代引き発送

  5. ゼッケン

  6. ツールドのと お申し込みはカツリーズでお得に!

PAGE TOP