Loading

BLOG

う!マイヨ~Coffee

コーヒーには随分と助けられている。

朝の寝起き
3時のおやつ
美味しい食事の〆
僕の場合は、二日酔いの朝に助けられる事が多い。

マイヨ工房とのファーストコンタクトは、2018年に安曇野で開催されたBOSCO会。
可愛いケータリングカーで、美味しいコーヒーを振舞っていただた。
美味しいコーヒーを出してくれるケータリングカー、今ではそれほど珍しくないのだけど、
数日後・・・「あ~あのコーヒー美味しかったな~」と印象に残るケータリングカーには、それほどに出会えない。
それが、マイヨ工房との出会い。
ま~その後、会う事も無いだろう
一期一会   と、思っていたのだけど
再会は、2019年の全日本選手権が開催された富士スピードウエイにて。
「あ~あの時のコーヒーだ」
よだれが出たね!
パブロフの成ちゃん。

今年、春に地元で開催されたシクロの大会の参加賞で配られたマイヨコーヒー。
余ったポーションコーヒーをミヤジーに頂き、マイワイフと一緒に頂いたら、ワイフが偉く気に入ったようで、早速ネット注文を!

オーダーを入れると、マイヨ工房の塚田オーナーから、伝書鳩が飛ばされてきて
「どうせなら、オリジナルラベルで如何ですか?」
というご提案を頂いた。

最初は、Sputnikのジャージで作ろうかなと考えていたけど、
いつもと違ったものが良いかなと・・・

そこで
妄想

時は1952年  
  所は北イタリア
コーヒー豆の輸入業を営むツカダリーノは、お店の宣伝を目的として、自転車チーム「珈琲焙煎マイヨ工房」を作り、Giro d’Italiaに挑む事に・・・・・

そこで必要となるチームジャージを隣町ウッチナーダで家族経営で営むKöchelに依頼する事に~

ま~妄想もここまでくれば立派な物です。

そして出来上がって来たのが ↓

グアテマラのドリップパック ¥150 幸せな時間をお約束します!

美味しいコーヒーを、妄想パッケージで頂きまして、めでたしめでたし

Fine

と・・・なるはずでしたが・・・

本当に作っちゃおうかって事になり~

このデザインのままでは少々寂しい・・・
基本的に1950~60年頃の技術でも出来たデザインで現代的にアレンジしてみました!

Milk Fabricで優しい仕上がり

オリジナルウエアーの製作で悩むのが、裁断と生地。
先ずはオーナーの塚田さんが使いやすい事に拝領。

マイヨ工房は、店舗での営業外に、ケータリングでのデリバリーを行っています。
僕が出会ったのも、このサービスのおかげです。
出来上がって来たジャージは、サイクリングだけでなく、営業時のユニホームとしても使用する事になるのではないか?
そう考えてタイトな裁断をやめ、生地を柔らかく通気性の良いMilkFabricをセレクト。
肌にも優しい生地です。


今回のデザインで、自分なりにお気に入りな所は・・・

麻袋

麻袋のプリントをポケットにしました!
これは、今後コーヒー関連のデザインをさせて頂くときに、共有できると楽しいかなと考えています。


FOR SAIL

珈琲焙煎マイヨ工房 CLASSIC JERSEY ¥14,800
サイズ:XS S M L XL
マイヨ工房CLASSICJERSEYの販売は、以下の方法で行います。
*現在は予約を受け付け中となります。
*納期は7月上旬を予定しております。


マイヨ工房店舗及びWEBショッピング
〒400-0053 山梨県甲府市大里町1891-3 
美味しいコーヒーご購入はWEBショッピングがお手軽です!
*店頭での購入をご希望の場合は、必ず営業時間をご確認ください。
マイヨ工房へのお問合せ

カツリーズサイクル&デザイン店舗及びWEBショッピング
〒920-0277 石川県河北郡内灘町千鳥台2-371
TEL076-239-4884 Fax 4885
WEBショッピング

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

    TEAM EURASIA iRCジャージ入荷

    世界チャンピオンのNEWPROJECT

    関連記事

    1. 嗚呼 金石餃子物語 夏

      2010.07.15
    2. 重要 グローブテクニッ…

      2012.03.14
    3. 中敷きでパワーアップする

      2015.06.26
    4. ◆臨時休業のお知らせ◆

      2018.02.26
    5. Bistort Tkakayanagui 17anni

      2010.02.04
    6. 眠れない・・・

      2010.02.26
    PAGE TOP