現在、能登半島地震で被災した、塗装工場再建の資金を集めるために、クラウドファンディングに挑戦中です!
【ご支援の締め切りは、5月31日まで】
もしよろしければ、温かいご支援やプロジェクトの応援、お気に入り登録、シェアをしていただけると嬉しいです!
どうぞよろしくお願いいたします。

BLOG

DurasekのCOLNAGO

時代的にはエルネストがコルナゴを去る直前頃、UAE-Emiratesに所属するDurasekが使用したバイクがメンテナンスに入ってきた。
本格的にディスクブレーキがプロのレースにも導入されだした頃と重なる。
現在のオーナーは写真家の砂田氏。
ツールド能登に参加頂いた時、ブレーキの不調との事でメンテしたのだが、時間的な制限もあり、応急処置で無事に完走していただいた。

ワイヤ交換だけで済むのかとも思ったが、古いワイヤーを引き抜くときの引っ掛かりが気になる、
アウターを確認すると・・・・

経験と、手の感覚はやはり大切です。
キャリパーの動きも怪しいので、オーバーホールに入った。

特にこの時代のカンパは構造がシンプルで、作業が早い。

時代はディスクへと移り、こういった作業も減っていくのかな・・・
事実、この分解作業で必要となる12mの薄口スパナは、そうそう使わないので、探すのに時間がかかってしまった。。。。
されど、得意な年式のメンテナンスは、楽しい時間でした。

パーツ 価格工賃
CG-BL500ブレーキケーブルセット一式¥3,580¥5,000(バーテープ直し込み)
リアブレーキメンテナンス¥3,700
ブレーキシュー交換・位置の調整 (持ち込み)¥1,400
合計¥13,680

関連記事

  1. Cinelli スーパーコルサ 即納情報

  2. シクロワイヤード号完成!

  3. 2010ツールドのとサイクルクリニック 9/17

  4. 合宿 珠洲往復300kmの旅 Vol.2 終了

  5. 全日本U17

  6. Bellegem のローカル

PAGE TOP