Loading

BLOG

インテグラルヘッドのリーマー

世界のDerosaであっても・・・

世界の一流品、DEROSA!
そのDEROSAであっても、この作業を怠っては、ビッシッと組上がらない。
実際にカットに入るとわかるんだけど、結構平行が出ていない。
これ、DEROSAが駄目だって話じゃなくて、どこんでも一緒。
(因みにDEROSAは上等な方です!)

やたらヘッドガタが出るってんで、駆け込んできた自転車を触ると、100%この作業を怠っている。
ってことは、意外と省かれちゃってんだね!
シンジランナ~イ!!!
本当に有り得ないお話。
速く走るための絶対条件で、ヘッドの滑らかさはもんの凄く重要(もんの凄く=もの凄くの最上級の意)
ビッシッと組もうよ
ビッシッと!

何で、今こんな事書くかってかい?
ちょっと可哀相な自転車と出会ったからでした・・・
ちゃんと治療してあげたけどね~
fufufu

Y氏のホイール

シクロワイヤード号完成!

関連記事

  1. PINARELLO-FP3カスタム日誌その1

    2011.02.09
  2. ビオレーサー知ってる?その5

    2015.02.27
  3. GoodMorning ウエアー取扱店 

    2011.09.13
  4. FUJI SIDI入荷

    2009.03.28
  5. ◆目指せ完走!NOTO4初心者教室◆

    2012.08.07
  6. 筧五郎のサイクルクリニック9・21

    2018.09.08

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • Kino
    • 2010年 3月 20日

    ヘッドは見落としがちな所ですが
    実際走っている時には絶えず細かくハンドルを切っている

    ヘッドが良い状態だと走りが軽くなる
    解る人には解るお話しですね

    • katsuri
    • 2010年 3月 21日

    今のヘッドシステムは、簡単。
    その昔のスレッドは、時間を費やして作業していた事を思いだします。
    こんなに簡単になったのに、手を抜くって、一体何のでしょうか・・・

PAGE TOP