Loading

BLOG

看板屋さんの自転車 CARTELLO

クロスバイクで血圧コントロールを目論む看板屋さんは、思った!
そうだ・・・ロードバイクに改造しよう・・・
 どうせなら色も塗り直そう・・・
しかし・・・

「何処に・・・誰に・・・依頼すれば良いのか・・・」

そうだ・・・あいつしかいない・・・

そう  内灘の「(仮)天才カツリの元気がでる自転車店」


ベースフレームは、もともとロードバイクなので作業は早いです。
ベースカラーをヤスリで剥がしたところです。凹凸さえなければ、こんな程度でOK!何も全部綺麗に剥がす必要もありません。ただ、極力なだらかにして上げる事は慣用。


ついでにエクボもパテで治してしまいましょう~

さて、更に全体的にサンディングしてあげて、ベース色の塗装に入っていきます。

さてと、自転車に使用するロゴマークを作っていきましょうかね!
材料は・・・
・職業は看板屋さん
・名前はY岸さん
・色は・・・
フレームカラーを選んでもらうのに、随分とお悩み・・・
見切り発車で今までのカラーを剥がしてみてわかったことは
今の色=金
過去の色=赤
ってことは、この2色が好きであるってことです。

ロゴに屋号を使うのもやぼったいので、イタリア語にしてみたら~
CARTELLO カルテッロって、読みもいいので決定!
立て看板をイメージに取り入れ、お名前の頭文字Yと、創業年数も・・・

どうですか?
好きな人も嫌いな人もいるでしょうが、世界で1台だけの自転車になります。

ロゴが出来たので、今度は全体図の構成。
年齢的に50歳を越えられているので、オーソドックスなデザインにした。

伝統的手法の胴抜きデザイン。
配色は・・・
金&赤???
今までのイメージは払拭したいし、希望の色も取り入れたい。
そこで、ベース色は払拭したパールアイボリー(昔のフェアレディーZの純正色)に、3%程度金を混ぜます。
独特の色に仕上がるはず。
胴抜きに使用する赤は、キャンディーレッド。これも深みがあります。
そしてロゴとラインに金を使用する事にしました。


ステッカーデーター完成!
さ~塗装に入りましょう!
 
ベース塗装が完了しました。白に5%の金を混ぜ、パールで仕上げてあります。これにマスキングを施し、今からキャンディーレッドの塗装を施します。残念ながら今日は寒すぎますので、塗装は明日になる予定。ある程度の気温と湿度で塗るのが、綺麗に仕上がるので・・・

製作も架橋に入って参りました・・・


キャンディーレッドに塗装終了。マスキングを剥がすと綺麗な塗り分けフレームの登場です。


塗り分けでできた段差を丁寧に削っていきます。そしてクリアーの食い付きを良くするために、全体をもう一度荒します。塗装仕事っていいますけど、全体の作業時間で色を塗る時間は、ほんの僅か。ほとんどがマスキングや下地仕事なんです。「高いよ~」なんて言われる事、結構ありますが、同じ金額でやってくれる人がいれば、僕は迷わず外注します・・・(本音)


荒し終えたフレームを脱脂して、マーキングを施していきます。この時間は、僕にとってもっとも楽しい時間です。ステッカーの下準備は、毎度気に入っているナイスなミュージックをボリューム大にして作業してます。因みに今は、窪塚君の「IKIRO」がお気に入り。

思いつき&ヒラメキ&少々ステッカーが剰ったので、ヘッドマークの上下に金の帯を入れちゃいました。お客さんの多くが、僕のヒラメキを求めてくれてます。幸せな事です。。。


塗装が完了したので、組付けです。


完成しました・・・・

 
 

ヘッドマークは看板です。
看板屋さんが、長く大切に乗ってくれる事を望んで止みません。

気がつけば・・・20年・・・

珠洲合宿最終確認!

関連記事

  1. RAMをRAMにしました!

    2009.07.31
  2. TREKのリペイント

    2010.10.08
  3. スプートニク No,0011 アルゼンチンタンゴ

    2013.04.23
  4. Vini Fantini NIPPO DeRosa 2015 クネゴVer.

    2019.01.10
  5. N氏のCARRERA

    2010.06.05
  6. SESSANTA Vintage 1960 Topo 予約開始します。

    2019.11.29
PAGE TOP