【令和6年能登半島地震】カツリーズサイクル塗装工場の再建(内灘町西荒屋)
クラウドファンディング終了のお礼

ご支援や応援をいただいたみなさま、本当にありがとうございました。
最新の進捗状況は、プロジェクトページ「活動報告」やソーシャルメディアにてご報告させていただきます。

今後とも何卒宜しくお願いいたします。

BLOG

何もそんな昔のお話じゃ~ぁ

何もそんな昔のお話じゃ~ぁありません。

scansione0001

カツリーズが扱う木リムのお話なんですが、実は結構最近まで使われていたんです。
この写真、何時頃の写真だと思います?
1989年開催の – Dario Brusati Lecco 1° classificato の写真。
もうレースで木リムが使われる末期の末期ですが、それでも1989年には、まだ好んで使用する選手が居たのです。
僕は木リムの時代を知りません。
でも、何故なのか不思議と懐かしさを感じるのです。
慌ただしい現代社会において、ポッカリと空いた時間の穴に落っこちてしまったカツリです。
フレームの素材が鉄からアルミへ、そしてカーボンへと移り変わったように、木リムもその姿をゆっくりとレースの世界から消えて行ったというお話でした。

IMG_0013
木リムはコチラ

関連記事

  1. 3/29(土)初心者教室開催 定員で…

  2. 蟹解禁

  3. ◆本日の初心者サイクリング教室に関しまして

  4. ビオレーサー知ってる?その2

  5. Girlsピスト!2010in内灘 8/8

  6. 石川県初?!自転車を積載可能なタクシー

PAGE TOP