現在、能登半島地震で被災した、塗装工場再建の資金を集めるために、クラウドファンディングに挑戦中です!
【ご支援の締め切りは、5月31日まで】
もしよろしければ、温かいご支援やプロジェクトの応援、お気に入り登録、シェアをしていただけると嬉しいです!
どうぞよろしくお願いいたします。

BLOG

ピ●●ロの偽物って

ちょっと前に、ネットなんかで話題になったけど、その後どうなったんでしょうかね?
冷静に考えると不思議な話で、いったい誰が作ったんだろう?
ネットで掲載されていた偽ピナの写真は、(そもそもその写真が本物なのか?)とても見分けがつかないほど、精巧に作られていた。特徴的なホークや、バックホークなども見分けがつかない。
塗装も完璧。
僕は自分で塗装をするから、その行程の複雑で困難な事を熟知している。
カーボンの成型って、そんなに簡単にコピーできるのだろうか?
そこまでお金を掛けてフェイクを作り、採算があうんだろうか?
台湾のカーボン職人に聞いたけど、わざわざ型を起こし、塗装工場を別に設けて・・・・
もしこれが本物のコピーだとしたら、本物以上にコストがかかるって話だった。
いずれにせよ、粗悪なカーボンで作られた、本物そっくりの偽物は、強度が不足し、危険だって話です。

フェイクの流通は、オークション。
顔の見えない、オークションのシステムに警鐘を提する判例なのかもしれない。

関連記事

  1. インテグラルヘッドのリーマー

  2. Cyclo Wired と 銀輪の風

  3. サーバが復帰しました。

  4. グランフォンドのと150

  5. 8/11 18:30より「池見シェフを励ます会」

  6. BORA カラーカスタム 持ち込みに関しまして!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • クニゾウ
    • 2009年 5月 12日 10:27am

    ご無沙汰しています
    その話はチーム練の時にも
    みんなで話していました

    フレームもそうですが
    ホイールもネットで買うのは怖いし
    後々のメンテナンスを考えると
    信頼のできるショップで買った方が
    メンテナンスしてもらうときも
    頼みやすいし、安心出来るよね〜と
    これは単に僕らだけの意識なのか
    疑問ですが….

    ただ昨今の自転車ブームが
    巻き起こした落とし穴みたいな事だと
    思って記事を読み、チームで話しましたが…..
    この件については、知らぬは罪だと感じています
    長文すいませんでした

PAGE TOP