Loading

BLOG

ステムの塗装に関して

一体感・・・それがテーマ


僕がステムに塗装しだしたのは、シュレッドの頃。17歳の頃だから、20年以上前になる。赤いチネリのステムがウチワで話題・・・バカにされていたのかな?いずれにせよ時代がアヘッドになって、拍車がかかったようだ。
今回の依頼はK様より、TIME モノリンクステムへの塗装。TIMEアルカンシェルカラー所有のK様に、カツリーズの技術でお応え致します。
 
早速制作を開始!ステムのデザインを確認し、基からのステッカーを紙ヤスリで剥離していく。写真で7割程度の仕上がり。カーボン繊維にキズを着けてはいけないので、作業は慎重に。ようは、表面のクリアー塗装をまんべんなく均一に落とし、ステッカーの凹凸を無くす事が大切。
 
下地のペイントを施し、写真から起こしたデザインでステッカーを制作。特殊な耐熱シートに耐熱対耐光インクでプリントする。このシートの難点は、少々材質が硬いので、凹凸・曲面が激しい今回のステムへの施工が困難な事。一応6SET制作したが、案の定、5回失敗。最後の一枚で最高の仕上がりとなった。

恐らく僕はマニアよりも更に進んでオタクの境地に入り込んでしまったようだ。手間と時間を考えると、儲からないから。ほとんどのオーダーが1ッケ物で、手間が掛かりすぎて数がこなせないからだ。この儲からなさの証明は、どこのお店もやっていない事で裏付けされる。しかし、このステムが外を走り回る姿を想像すると、楽しくて楽しくてたまらないのだ。
このステムがK様のTIMEを更にドレスアップしてくれる事を願う。

今回の制作費
◆デザイン費用 写真からのトレース
   3,000円
◆ステッカー インクジェット      
   3,000円
◆下地処理               
   2,000円 
◆塗装 単色ソリッドカラー      
   3,000円
◆クリアーコート
   サービス(パーツは全てH4仕上げとなります)
Katsuris Select Price11,000円
送料サービス  

◆塗装に関する価格表はこちら!!


    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    お問い合わせ内容

    メッセージ本文

    愛車の洗車教室 3/16

    カツリーズ流 洗車術

    関連記事

    1. TREK 5500

      2019.01.09
    2. COLNAGO CX-1

      2014.12.10
    3. LOOK555

      2009.01.07
    4. RAM2補修

      2008.11.20
    5. TREK お色直し

      2008.12.11
    6. Vini Fantini NIPPO DeRosa 2015 レプリカ

      2015.09.02
    PAGE TOP