現在、能登半島地震で被災した、塗装工場再建の資金を集めるために、クラウドファンディングに挑戦中です!
【ご支援の締め切りは、5月31日まで】
もしよろしければ、温かいご支援やプロジェクトの応援、お気に入り登録、シェアをしていただけると嬉しいです!
どうぞよろしくお願いいたします。

BLOG

NOTO4 明日の為の其の二

◆明日の為の二 正しいポジションを手に入れろ

正しい姿勢で乗車してないと、不快なだけでなく危険でもあり、事故や身体の故障にもつながります。
写真のIさんはサドルが低く前に出すぎているので苦しそう。

しっかりとした知識と技術、資格を持ったショップや、身の回りのベテランサイクルリストに相談するのが最も効果的な改善方法です。
カツリーズでは、何処で購入されて自転車であっても、適切なポジションセッティングを行っております。

◆以下、ポジションが原因で起こりやすい症状例です。

一時間程度のサイクリングで・・・

・肩や首がこる
ハンドル位置が低いか遠いと起こりやすい症状です。
・膝や腰が痛い
サドルが高さが、正しくない場合が多い。

*上記症状とポジションの関係は、一般的な例であり、絶対ではありません。

関連記事

  1. Y先生のホイール

  2. シクロワイアード 本日更新

  3. FULCRUM Racing3

  4. クリスマスセールSTART 12/23迄

  5. いざTOJへ

  6. 火曜日

PAGE TOP