Loading

BLOG

La fotografia del girasole 

◆La fotografia del girasole =向日葵の写真
*撮影 綾野 真

cyclowiredで編集長を務めるフォトグラファー綾野氏からの依頼が入った。長年連れ添った愛車TREKのリメーク。
自由に作っていい・・・てね!
 
国内をはじめ、世界のレースを飛び回るキャメラマンの為に僕が用意したデザインは、彼そのもの。そして彼の新たなるビジネスワークcyclowiredの世界。cyclowiredの中には、自転車の全てが入っている。子供の頃、学校から帰ってきてまっすぐにおもちゃ箱をひっくり返し、お気に入りのオモチャを取り出し、夢中で遊んだ少年時代。cyclowiredは自転車小僧達にとって、まさにおもちゃ箱だと思った。
 

デザインの基本的なコンセプトは「おもちゃ箱」
その「おもちゃ箱」を表現するのに僕が選んだのは、彼が長年世界のレースを飛び回り、撮り貯めた写真。
キャメラマンの為の自転車・・・これ以上の表現方法は無い!なんてね。
直感なんだけど・・・

GIRASOLE=向日葵 
今回のデザインにおいて、その核となったのが向日葵の写真。ツールドフランスでの一コマだ!

 
ハンドル周りも向日葵を集中。向日葵の二乗状態。集まると更に効果的に利いてくるんだよね。
 
 

バラバラ=壊す=遊び
向日葵でまとまったデザインをあえて壊していく。ブロックや積木を思いのままに組み上げては崩して遊んだように・・・
反対面は全く違った写真を貼り込んだ。

景色や選手達の勇姿もいいんだけど、沿道の観客達・・・
自分のお目当て選手は勿論のこと、懸命に走る選手を一心不乱に応援している姿・・・
僕が好きなのはこんな写真。

つなぎ目・・・結構重要です。かなりね!

キッチリマスキングと、ボカシを多用。エンド部は、生地のアルミ色を生かして、グリーンのクリアー仕上げに。

 

細かなパーツだって、カツリーズ流だよ

車輪には細かな葉っぱをチラしてみた。遠目ではわかりにくいけど、このBiciに対して、グググっと心が入っていかない?どう??

  

特別ゲスト?

 

名物叔父さんと、スーパーチャンピオンのコンタドール様には、友情出演を!
勿論無許可ですが、綾野さんがツールに持参し、お許しを貰ってきてくれる・・・かもね。

さて、今回の作品・・・どうでしたでしょうか?
細かに細部をフォーカスすれば、やはりズレや塗りムラなんかがあったりします。
ただね、それってアナログならではの味なんです。
あくまで一個物。
世界で一台。
デジタルな仕事じゃない。
心の仕事・・・
これが僕の仕事です・・・

作品の製作過程は、cyclowiredにてお楽しみ頂けます。

◆自転車の情報満載!cyclowired はコチラ

◆cyclowired カツリーズのアートバイク制作記はコチラ

VARツール 取り扱い開始!

第3 回石川竹田研究会

関連記事

  1. スプートニク No,0007 ウイラースクール号その2

    2013.01.07
  2. Y氏のホイール

    2010.03.19
  3. SESSANTA Vintage 1960 Topo 予約開始します。

    2019.11.29
  4. Dannys Racing

    2016.07.25
  5. テキサスより・・・

    2011.02.09
  6. ツールドのと2020

    2020.05.18

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • Kino
    • 2010年 6月 30日

    しかし凄いとしか言いようがないです
    これに掛かった時間と手間 それに集中力
    並大抵じゃないですね

    最後の写真には きっちりワイヤーの端末処理
    半田がちらりと 細かな気遣いがされた仕事

    参りました

    • K.J.
    • 2010年 6月 30日

    おおお、すばらしい!
    赤の入り方が泣けますねー。スイス国旗なのかな?
    こんなに黄色のブレーキパッドが似合う自転車は他にないでしょう!

    いや、ホント待ってた甲斐ありで涙でそうです。

    • katsuri
    • 2010年 7月 03日

    この記事がシクロワイアードでアップされた翌日、サーバーがパンクしちゃいました。
    初めてで、結構大変なことなんですが、嬉しい・・・
    馬鹿な僕です。

PAGE TOP