Loading

BLOG

Derosa Nastro rosso 

◆Derosa Nastro rosso =赤いリボン
 
何年か前に買って頂いた、DerosaのMacroがベースです。
この年式のアルミフレームって、そろそろ下地から腐食がでてきます。これは、Derosaに限った話でなくて、どこのメーカーの物でも同じ。
こいつは、オーナーが大切に乗ってくれていたので、まだまだ乗れる!
最初は、新車の話もしてたけど、お色直しする事でお話が決定。

オーナーとお話したのは、色だけ!好きな色を聞いた。
答えは赤と黒。
本当は、デザインの打ち合わせをしながら進行させるのがまとも。
しかし・・・勝手にやっちゃいました。
 
デザインは所何処のに、赤いリボン。これは、昔の手法「胴抜き」です。
NeoClasic
古くて新しい・・・
あり得ないのは、Derosaの新旧のロゴ両方を使ったこと。駄目かな~?

あとはカーボンの生地が、美しく輝く、キャンディーレッドクリアー。
これ、ちょっとマイブームなんです。

こいつは、後何年乗ってもらえるんだろう?
大切にしてもらえる自転車っていいよね~

◆製作費
・剥がし作業は自分で
・デザイン
・ステッカー制作
・2色ソリッドカラー塗り分け
・カーボン部キャンディー塗装
・完成車入庫・完全メンテナンスお渡し
お会計 118,000円(交換パーツ別途)

ランスレプリカ

失恋・・・

関連記事

  1. TREK 5500

    2019.01.09
  2. FUJI D-6 2.0 赤い彗星バージョン No.0011

    2011.04.25
  3. TIMEステム チャンピオン仕様

    2011.10.21
  4. スプートニク No,0004 マットグレー

    2012.10.24
  5. RAMをRAMにしました!

    2009.07.31
  6. MANGROVEのメット

    2008.11.26
PAGE TOP